« 雨は、ぼくらを試している | トップページ | 先週と今週、光景の「激変ぶり」 »

2017年4月20日 (木)

GKだって、終了のホイッスルまで戦っているのです

こんにちは。
ヒロアキです。



今日は突然ですが、サッカーのこと。



それも、サッカー中継のことです。



思わずぼくが「おおっ!」と思った
ちょっとビックリもののネタです。



Photo_2




4月16日、
FC東京vs.浦和レッズの
J1の試合が行われました。



J1の試合といえば、
注目のカードをNHK総合かBS1が
生中継することはおなじみです。



他の民放のサッカー中継は、
声を張り上げて応援するような
スタイルをとっています。



一方でNHKサイドは、
実況は「実況」、解説は「解説」と
きちんと役割を意識して中継する
スタイルをとっています。



前者はほとんど「応援」で
それに元気をもらいたいと思う
サッカーファンに人気です。



一方後者はやや抑え気味の中継で
じっくりとテレビ観戦したいと思う
サッカーファンに人気です。



いずれにせよ、テレビで生中継が
見られるのは、なかなか現地観戦が
実現しづらいぼくたちにとっては
ありがたいことですよね。



そんなサッカー中継ですが、
先日NHKが全く新しい中継方法を
とったことで大注目されました。



ネットでニュースになっており、
ぼくもこんな記事を見つけました。



NHK、まったく新しいサッカー中継
カメラが「キーパーだけ」追跡に
絶賛の声!
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-295824/



シュートのセーブ以外は
フィーチャーされることが
ほとんどないゴールキーパー
(以下GK)。



シュートの脅威にない時、
すなわち通常の中継では映ることが
ない時、GKは何しているのか?



その答えが、このNHKの特別企画、
「徹底マーク!ゴールキーパー」に
示されていました。



ぼくは思わず興味津々になり、
20日の木曜日未明に
BS1で再放送されたものを
見てみました。



FC東京のGKの林彰洋選手と
浦和レッズのGKの西川周作選手、
彼らの背後から、時折カメが変わり、
両者の動きが中継されていました。



通常の中継は、ボールを中心に
ピッチを横長に見ていきます。



しかし、今回はピッチが縦長に見える
角度なので、全く見え方が違っていて
ちょっと新鮮でした。



しかも、さすが「徹底マーク」と
謳うだけあって、
GKが様々なポイントから
チェックされていました。



GKの動きの変化、
構える姿勢、試合中のコーチング、
喜びなどの表情。



さらに、元GKの解説の方々による、
GKの心理面の変化、マークすべき
エリアの解説なども
なされていました。



GKによって、シュートをセーブする
場面「以外」での動きに
ものすごく差が出てくる
という事実を
知った時にはビックリしました。



コーチングの時のGKの声は、
インタビューの時のそれとは
全く違っていましたね(笑)。



さらにこの企画が良心的だったのは
Twitterでのリアルタイムでの
ツイートが、テレビ画面右下に
出る、ということです。



視聴者の意見が画面に出るだけでなく
そのツイートに反応して、
実況も解説もその思いを汲み取って
中継がなされていました。



リアルタイムでの質問にも
できるだけ回答していたのです。



見ている側としては、
新鮮味も臨場感もたっぷりで
楽しいことこの上なかったでしょう。



ぼくが実際に録画放送を見たように、
再放送がなされるくらいの
大反響ぶりだったわけですからね。



(あまり見たくないヒトのことも
考えて、深夜にこっそり組まれて
いたのもまたいい)



●  ●  ●



ぼくがこのサッカー放送を見て
感じたことは、何と言っても
GKは試合中、終始必死だということ。



カメラに映らないくらいに
味方が敵陣に攻めている時も
休んでなんかいませんでした。



ボールの動きに合わせて、
前後左右にちょこちょこと
動いていました。



どこからロングボールが来るかを
常々予測して、それを味方にも
コーチングで反映させていました。



しかも、今回の西川選手のように、
GKは11人目の攻撃参加者だと
言わんばかりに、前へと動いて
攻撃にリズムを作っていました。



何もシュートを止めるだけが
仕事じゃない。



味方の攻撃時には
しっかりと後ろからアシストする
ことも必要。



策士でなきゃ、GKは務まらない



本当に、必死に戦っているんだ。



そのことが如実に伝わってきて
GKに思わず同情してしまいました。



現状はたった1試合だけですが、
本当に楽しい企画を
堪能させていただきました。



もし野球でも同じような企画が
なされたら、絶対に見ます。



バックネットの上の方に
カメラを取り付けて、
野手陣の動きに注目させるような
中継なんか、絶対おもしろいです。



投球のアヤが見にくくなる
難点もありますが・・・。



今回のNHKでのサッカー中継での
新企画は、ファンもNHKも
いいことずくめの結果と
なったことでしょう。



GKのお二方、
ピッチ上の選手のみなさん、
NHKの実況、解説陣、カメラマン、
本当にありがとうございました!



END


Photo


« 雨は、ぼくらを試している | トップページ | 先週と今週、光景の「激変ぶり」 »

ニュースを見て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2456410/70317565

この記事へのトラックバック一覧です: GKだって、終了のホイッスルまで戦っているのです:

« 雨は、ぼくらを試している | トップページ | 先週と今週、光景の「激変ぶり」 »