« 今後の航路②-リッチのちふつう- | トップページ | まず、「花より団子」 »

2017年6月27日 (火)

AIせ。

こんにちは。
ヒロアキです。



最近、将棋界が騒がしいですね。



中学生の藤井四段が、
数々のオトナのプロ棋士を打ち負かし
連勝街道驀進中。



日本中でセンセーショナルな
出来事とされているようです。



しかし、将棋界と言えば、
もうひとつ忘れてはならない
センセーショナルな出来事。



こぞったトッププロ棋士たちが
いくら足掻いても勝てない相手が
出てきてしまったことです。



Ai_2




A.I.(Artificial Intelligence)、
人工知能です。



ここ最近はニュースでたびたび
A.I.、A.I.と叫ばれ続けて、
2017年の流行語になっちゃいそうな
勢いです。



そのA.I.は、ついにトッププロ棋士を
打ち負かし、数多の挑戦を
ことごとく跳ね除けるほどまでに
成長したそうです。



しかし、A.I.の「猛威」は
何も将棋で終わりません。



タクシーなどの商用車、
いや、一般乗用車にだって、
ナビゲーターとしてA.I.が
活用されています。



ドライバーが食欲を催したら、
登録された個人情報をもとに、
好みの店までナビゲート
してくれたり・・・。



もっというと、iPhoneに搭載されて
いるSiriだって、A.I.です。



吹き込んだヒトのセリフに対し、
もうかなり人間臭い言葉を
返せるようになったみたいですし。



ここまでくれば、まあそれなりに
A.I.は身近なところまで
侵入しているとは思うでしょう。



でも、ぼくたち一般人が
活用しているという実感までは
湧かないかもしれません。



しかし、これならばどうでしょうか。



amazonなどのオンラインショッピング
サイトで、何かを購入したら、
例のメッセージが脇に出ますよね。



この商品を買った人は
他にこんな商品も買っています
」。



あのメッセージは、要するに
関連性の高い商品をさっと判断し、
ユーザーにフィードバックして
「ついで買い」を狙うものです。



あれもまたA.I.の為せる業です。



ぼくたちだって、いつの間にか
A.I.の恩恵を受けていたんですね。



「『A.I.』?ナニソレ?」
じゃ済まされない時代です。



A.I.って、利用されればされるほど
バグがどんどん修正されていくから
なおさら賢くなっていく
んですね。



使えば使うほど活性化される
ヒトの脳のようなものです。



●  ●  ●



さて、ここまでA.I.が発達して
ぼくたちの生活にまで侵入していると
したら、ぼくたちだってシカト
するわけにはいきません。



「ヒトには感情があって、
七色に変化して不安定だからこそ
おもしろい。



感情を持たない、涙を流せない機械に
活躍されてもふざけんなと思う」



といったアイラブヒューマンの
発想を持ってばかりだと
A.I.を敵に回してしまいます。



しかし、それでは時代に乗り遅れて
しまうことでしょう。



高度なナビゲーション、ついで買い、
さらにブログなどのアクセスアップ、
これらにA.I.を活用できるという
既成事実。



もう受け止めるしかないですね。



A.I.を、AI(アイ)せ
ということです。



ダーウィンのおっしゃる通り、
ヒトは、変化し続けないと
生存できません。



まるで自分の分身のようなA.I.と
共存していくのが、
これからのぼくたちのミッション
なのかもしれませんね。



何かを愛するためには、
何かを隅から隅まで知らないと
いけません。



A.I.の可能性について、
知識で学び(STUDY)、
体感して学び(LEARN)、
同化していく。



そのチャンスを、ぼくは今後
どんどん掴んでいこうと思います。



●  ●  ●



実は、ひょっとすると、
近々参入する新しいネットビジネスで
A.I.と初めて本格的に「交際」して
深く「AIす」ことになるかも。



ここ最近、ぼくの周りで
次々と新たなる変化が起きていて、
準備に追われています。



告知になりますが・・・。



これから数週間、
ブログのアップの頻度が
やや落ちます



新規ネットビジネスを
優先させるため。



2017年、それまで毎日のように
続けてきたブログですが、
「毎日書く」というこだわりを
捨てないといけない。



そんな時期が、
ついにやってきたかもしれません。



決して、飽きたのではなく、
書いているヒマもないほど
新しいことが次々と降りかかってきて
毎日が充実している、ということ。



本当に、上半期から下半期の
境目で、大事件が起きそうです。



詳しくは、また次回書きます。



END


Ai


« 今後の航路②-リッチのちふつう- | トップページ | まず、「花より団子」 »

ニュースを見て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2456410/70976918

この記事へのトラックバック一覧です: AIせ。:

« 今後の航路②-リッチのちふつう- | トップページ | まず、「花より団子」 »