« 「ナマ」には勝てない | トップページ | おれも、うちも、難民予備軍 »

2017年7月 1日 (土)

待ってろ、La Diva

こんにちは。
ヒロアキです。



ひとつ前の「『ナマ』には勝てない」
という記事とつながるのですが、
ナマの歌声には、敵いません。



ぼくは、心の底から
「自分だけの歌姫」を
欲しがっている
ようです。



そう、La Divaを。



Photo_4




ぼくは、男女問わず
様々なアーティストの楽曲を
聴いてきています。



中には歌詞に感情がこもっていて
ものすごく歌がうまいヒトもいます。



女性アーティストに情感たっぷりに
歌われてしまったら、
もう心穏やかではありません。



オトコの性なのかもしれませんが、
ホレてしまうことは疑いません。



だから、ぼくをホレさせてしまう歌姫
(Diva)を、これからもまた
探していくのだろうと思います。



・・・・・・



しかし、しかしです。



ナマの歌声には、
やっぱり敵わないですね



ぼくがすぐに会いに行けるコが、
カラオケなどで、ナマで
歌を披露してくれたら、
完全に心を持っていかれます。



ぼくの生涯No.1の歌姫は、
ココから輩出されるでしょう。



そのコの歌の音程が
ちょっとくらいズレようとも。



いくら音程が外れず、
ものすごく感情をこめて、
ビブラートもしゃくりも効かせて
歌うアーティストが出たとしても。



プロの歌手だとしたら、
大概は機械越しでしか
その声を聴きません。



ナマで聴けるなんて
めったにできないのです。



聴けたとしても、
その歌手はぼくだけのものでは
ありません。



大勢のファンがいます。



だから、完全に別世界のヒトだと
思ってしまうんですね。



でも、プロの歌手じゃなく、
その場にいるコだったら。



歌う曲が、あたかも
ぼくに向けられたメッセージで
あるかのように伝わります。



歌い終わった後も、
まだそこにいて、
一緒に話すことができます。



これこそ、唯一無二でしょう。



音程がズレないことは、
重要じゃないです。



聴いていて気持ちいいか
どうかですから。



有名なんかじゃない。



まして、プロでもない。



門外不出の、ぼくだけの歌姫。



La Diva。



そんな存在が現れたら、
もうこれ以上はいりません。



プロの歌手でぼくの心が癒される
ことはなくなるでしょう



・・・ああ。



イメージすればするほど、
ぼくは官能的になり、
衝動を抑えられなくなります。



彼女の歌声が、すぐそばから、
振動となってぼくの耳に入ってくる。



歌詞が、あたかもぼくに向けられて
いるメッセージであるかのように
すーっと入ってくる。



テクニックを駆使していたら、
それを使う一瞬を、
逃さずに聴きとれる。



もしビブラートがかかろうものならば
口元、横隔膜、腹筋、
あらゆる場所を覗いて、
震える器官を目の当たりにする。



五感で、彼女の歌を
浴びて、催眠状態になる。



ああ、なんて罪作りな(笑)。



●  ●  ●



わかっていますよ。



そんな歌声にホレてしまうだけで
この荒れ狂うリアリティーを
乗り越えられるはずがないと。



金銭のやりくり、
空気の読み合い、
時々の気遣い、
環境づくりと生活の知恵。



高いレベルでシンクロさせてこそ
男女の交際は成立します。



つらい時に、その歌声に
癒してもらい、励ましの声を
送り続けるだけでは
世の中何ともなりません。



わかっちゃいるんです。



でも、ぼくは求めています。



La Divaを。



ナマで聴いて、その歌声がキレイだと
いうことを直接伝えて、
いつまでも歌って、ぼくを癒して
くれないか、と言いたい
です。



ぼくの変人ぶり全開ですが、
きっと、ぼくは歌声フェチなのかも
しれませんね。



究極の理想は、ぼく自身も
歌唱力を上げて、
ふたりで事あるたびに
一緒に何かを歌う。



そんなディズニー映画のような
生活を送ることです。



もう何回もこのブログで
書いていることですが・・・。



●  ●  ●



これからぼくがリボーンしていく
下半期、常にLa Divaを
シークすることでしょう。



待ってろ、La Diva。



歌い踊る生活を、
一緒に送ろうじゃないか。



そして、一緒に
棺に入ろうじゃないか・・・。



END


Photo_3


« 「ナマ」には勝てない | トップページ | おれも、うちも、難民予備軍 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2456410/71022629

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってろ、La Diva:

« 「ナマ」には勝てない | トップページ | おれも、うちも、難民予備軍 »