« 「興味付け」と「勧誘」 | トップページ | 最高のデートスポット(ヒロアキの独断と偏見) »

2017年7月11日 (火)

大学生に戻った気分

こんにちは。
ヒロアキです。



昨日までの土日、
世間は連休とされていますが、
ぼくにとっては、「連休」じゃ
ありませんでした。



休みじゃなかったですが、
ぼくとしては、まさに狙い通りです。



D157_winchikhuruitatemono500thumb75




なんで連休じゃないなんて
言えるのかって?



まるで7月8日と9日、
東京の大学に講義を受けに行った
かのような錯覚
を覚えたからです。



かつての法政生時代が
フラッシュバックしてきました。



ネットビジネスのチューター、
いわゆる「教授」が、
オフィスいわゆる「キャンパス」に
常に待機しています。



そして、ぼくは「生徒」として
2日間とも「通った」のです。



私服で、自分の興味がある分野を
深めるために通ったのです。



大学生時代、
平日に講義を受けに行き、
その合間においしいラーメンを
食べに行ったあの頃。



その頃のぼくとオーバーラップする
2日間を過ごしました。



世間は休日なのに、
ぼくはまるで休日ではない。



それなのに、楽しかったです。



きっと、新たにネットビジネスに
参入して、チューターと今後も
打ち合わせしながら進めていくことに
なった今・・・。



同じような土日を
過ごしていくと思います。



●  ●  ●



もし、社会人として
会社勤めをするヒトが
この記事を読んだら、
気楽でいいよなと思われるかな。



たしかに、上司に度々頭を下げたり、
あるいは部下をしぶしぶ統率したり、
そんなストレスフルなサラリーマン
より、だいぶ気楽でしょう。



でも、ぼくは決して
ラクにビジネスをして目標達成に
踏み切ろうとしているわけでは
ありません。



これまで幾度も失敗しているから、
もう手が抜けない
のです。



フリーランスではなく
サラリーマンに戻るということは
今更チョイスできません。



正社員に転職できるトシじゃ
ないし、そんなキャリアはないし。



よしんばできたとしても、
自分の望まない分野の仕事に
時間を拘束されるだけ。



そんなんで、幸せな人生なんて
送れるわけがないのです。



だから、ぼくの道は
独立しかないんですね。



常に目標を考えながら、
この崖っぷち人生ゲームを
楽しんでいきます。



大学生の時のように、
どこか開放的な気分で
いけるのは大きいですね。



時に本気を出し、
時に息抜きしながら、
でも決して辞めることをしないで
やっていくだけですね。



●  ●  ●



ふと、10日の朝、
鏡でぼくの顔を真剣に
見てみました。



自分自身の顔を見るのは
そんなに好きじゃないのですが、
思いきって見てみたのです。



テカリと毛穴汚れが
若干気になるにせよ、
大学時代とあんまり変わらない。



白髪も不思議と見当たらない。



むしろ、社会人になりたての頃、
ちらほら目立っていた白髪が
逆になくなっていますね。



カラダもまだシャキシャキ
動けるし。



動けると思えば、
本当にカラダが軽くなるって
まだまだ思えるし。



捨てたもんじゃないな、
おれのカラダ。



まあ、内部の見えないところで、
病気が進行しているのかも
しれません。



ですが、自分はまだ大丈夫だと
思っておいて損はないでしょう。



新卒からサラリーマン一筋で、
ストレスに苛まれながら続けてきた
同期より、きっとマシでしょう



中学や高校時代の同期と
もし同窓会で出会ったら、
以前より老けているヤツが
多くなっているかもしれません。



ぼくは、いい意味で
変わっていないかもね(笑)。



まあ、その頃のヤツらが集う
同窓会なんて行きませんが。



変わっていないから「ヤバイ」と
警告も交えて突っ込まれるのが
イヤですし。



しかも、サラリーマンが一番だと
思い込んでいるヤツらに
染まるのは超マイナスだし。



●  ●  ●



ぼくは、今の自分に
満足はしていません。



ですが、不満もありません。



大学生に戻り、好奇心旺盛さと
グルメ好きを復活させて
突き進んでいきます(笑)。



ちょっとだけ、乞うご期待。



END


A1180_009561


« 「興味付け」と「勧誘」 | トップページ | 最高のデートスポット(ヒロアキの独断と偏見) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2456410/71104839

この記事へのトラックバック一覧です: 大学生に戻った気分:

« 「興味付け」と「勧誘」 | トップページ | 最高のデートスポット(ヒロアキの独断と偏見) »