« おれも、うちも、難民予備軍 | トップページ | KYは、罪ですか? »

2017年7月 3日 (月)

平民の☆に向かって

こんにちは。
ヒロアキです。



昨日7月2日、
新しいネットビジネスに参入し、
昨夜、改めて今後のプランを
整理しました。



今のぼくにとってみれば
かなり巨額の投資でしたし、
今後のことを考えざるを得ません。



数ヶ月の間、生活をどう
やりくりしていこうか。



ビジネスで生活が一気に好転したら
どうなりたいのか。



考えた結果出た答え、
それが、「平民の星」です。



「平民」って言葉は、
決して悪い意味で言っていないので、
まずその点はご承知おきください。



Foreign




ぼくは、平民の星になるべく、
今からアクションを起こします。



目標月収は50-60万円
設定しました。



生涯収入ともなれば、
3億円が目標ですね。



さて、目標月収が
50-60万円ともなると、
読者のあなたはどんなイメージを
抱きますか?



おそらく、不自由はしなそうだが、
大富豪クラスでもない、という
イメージをお持ちになるかも。



もしそうであれば、
正解ですね。



ぼくは、大富豪になって、
それに相応しい生活を送る
つもりは、全くありません



それこそ、



プール付きの豪邸を持つ
高級タワーマンションの最上階に住む
フェラーリを何台も持つ



・・・などといったことは
考えていないのです。



一度きりの人生なんだし、
どうせ稼ぐならば夢はでっかく
持てよ、という方もいます。



しかし、ぼくは大富豪になる夢も
そのための豪勢な欲もありません。



その代わり。



この日本の数多の平民にとって
輝く星でありたい
のです。



具体的には、共働きで
毎日のお金のやりくりが
結構精一杯な世帯。



子どもの養育費がバカにならず、
家族の誰かが病気になったら
かなりまずいことになる世帯。



普段はコツコツ節約生活を営み、
給料やボーナスが入ったら
旅行などの非日常を楽しむ世帯。



こういう人々を平民と定義するならば
そんな平民たちの一歩先を行って
元気を与えたいのです。



二歩、三歩先まで行って
手を伸ばしても届かないで
前のめりになってコケるほどの
距離は置きたくないです(笑)。



・・・・・・



ここでポイントなのは、
ぼくひとりで平民の星になる
わけではない、ということです。



ぼくの新しい家族で、
「星座」になっていたい
のです。



月収50-60万円という資金があれば、
国内旅行、海外旅行、音楽のライブ、
プチ高級グルメ、ボランティア、
自己啓発、十分できますよね。



※妻は専業主婦だとする



これらはいずれも、
平民が、ちょっと手を伸ばせば
届くような非日常のイベントです。



機会があれば、それを楽しむ。



そして、ただ楽しむだけでは
ありません。



ここからが重要で。



ぼく(世帯主、パパ)、妻、
そして子ども共々、
こうしたイベントで学んだことを
真剣に考えさせる
のです。



何が楽しかったか、
この経験を人生にどう活かすか、
ヒトに魅力を伝えるならば、
どう伝えたいか。



ここを、自由に、でもしっかりと
考えさせたいのです。



もちろん、ぼくが模範になって。



・・・・・・



こうした非日常だけではなく、
日常のちょっとした楽しみも
逃さず家族みんなで記録したい。



このブログで記録しているように、
家族で日記を書くつもりです。



書いた記録を発信して、
頑張っているのに報われない
平民たちに、勇気と希望を
与えたいのです。



ゆくゆくはテレビやラジオに
それが発信されればと思うのですが
まあそれは「できたら」で。



こうした活動を通じて、



みなさんも、必死に頑張れば
日常生活からもこれだけの楽しみを
感じることができます。


また、ちょっとした非日常の
イベントは、人生のかけがえのない
イベントに変わるかもしれません。


このたった一度の一日を
もっと精一杯生きましょう!



ということを、家族そろって
発信していきたいですね。



今の日本は、平民たちも
残念ですが貧民へと向かって
います。



みなさんがどうこうではなく、
社会の流れがそうなっていますから。



本来ヒトは素晴らしい才能を
持っているはずなのに、
社会の流れで握り潰されるのを
黙って見ていられないのです。



だからこそ、カラダで見せて、
平民の希望の星に
なっていたいです。



月収50-60万円とは、
そういう数字だと思っています。



END


Be_positive


« おれも、うちも、難民予備軍 | トップページ | KYは、罪ですか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2456410/71035240

この記事へのトラックバック一覧です: 平民の☆に向かって:

« おれも、うちも、難民予備軍 | トップページ | KYは、罪ですか? »